良質な睡眠に欠かせない布団

頑固な汚れでも落とせる温度

知識と技術を持っているお店

布団のクリーニングをする際は、30℃から40℃ぐらいのぬるま湯を使うのが正しいと言われています。
それよりも低い温度の水では、頑固な汚れを落とせません。
しかしそれよりも熱すぎるお湯だと、布団にダメージを与える可能性があります。
そのため、ぬるま湯がベストだと覚えておきましょう。

そしてお店では、きちんとぬるま湯を使っているでしょうか。
ホームページにぬるま湯を使っていると説明されていたら、実力が高いお店だと判断できます。
そのようなところならどのような汚れでも落とせますし、トラブルが起こる可能性が低いです。
安心感があるので、ホームページの説明にも目を通しましょう。
説明がわかりにくいお店は、不親切なので避けてください。

布団にトラブルが起こった場合

トラブルが起こってしまった時は、保証してくれるお店を選んでください。
保証が備わっているお店なら、責任を持って布団を大事に扱ってくれます。
逆に保証がないお店は布団を雑に扱っているケースが多く、それでは不安が大きくなるでしょう。
実際にトラブルが起こるケースが見られるので、良いお店を見極める際に、保証の有無を見逃さないでください。

また布団が返却された時に、破損している部分や傷ついている部分がないか、きちんと調べましょう。
返却されてから時間が経過すると、保証の対象外になってしまいます。
そしてクリーニングに出す前にも、布団に不具合が起こっていないことを確かめましょう。
布団の写真を撮っておくと、返却後に比較しやすいです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ